ヒロシマスカラシップ

(国際交流支援事業)

広島県在住者または出身者で、海外や国内でさまざまな芸術の分野にチャレンジする若い芸術家たちを対象に奨学金を支給します。

海外留学奨学金=公募により選出し、1人につき年間36万円を支給します。支給期間は最高2年間。分野(音楽は除く)は特に定めていません。

中村音楽奨学金=公募により選出し、1人につき年間36万円を支給します。支給期間は最高2年間。対象は国内・国外を問いませんが、音楽に限ります。

ヒロシマスカラシップは、一般財団法人広島国際文化財団が1997年に始めた事業です。2012年の当基金設立よりこの事業を引き継ぎ、継続しています。

2018年度の奨学生募集を7月2日に開始しました。必要書類を揃えて9月21日(金)必着となるよう、郵送にてご応募ください。
詳細は下記よりダウンロードできます。
申請書(1枚目)は申請者本人の自署にてご記入ください。
略歴書(2枚目)と推薦書(3枚目)=(海外留学奨学金・中村音楽奨学金共通)は下記をダウンロードし入力していただいて結構です。
国内へは要項等を郵送することもできますので、下記へご請求ください。
お問い合わせ、ご応募をお待ちしております。

PDF海外留学奨学金の応募要項・申請書1枚目はこちら

PDF中村音楽奨学金の応募要項・申請書1枚目はこちら

略歴書・推薦書の参考書式はこちら(海外留学奨学金・中村音楽奨学金共通)(word)

PDF昨年度までの奨学生はこちら



事務局より

近藤智子さん(パリ在住・フルート奏者)のボアランティア活動をご紹介

スカラシップ中村音楽奨学金2005年度奨学生で、パリで演奏活動をしている近藤智子さんの活動が、9/2付の中国新聞、9/5付の中国新聞セレクトで紹介されました。ご紹介します。 記事の転載については、近藤さん、中国新聞社の許諾を得ています。(2018年9月)

PDF中国新聞掲載記事はこちら


2018年度もスカラシップへの寄付を受けました

ヒロシマ平和創造基金が運営するヒロシマ・スカラシップ事業に対し、広島市内の男性から110万円の寄付が寄せられました。バレエをはじめ芸術・文化への理解が深く、国内外で意欲的に技を磨く人たちに大きな希望を抱いておられます。また、邦楽や邦楽を学ぶ環境にも重要性を感じておられます。若き才能を応援するヒロシマ・スカラシップは、こうした方々の善意にも支えられています。(2018年7月)

 



 
Copyright©HPCF. All rights reserved.